大腸内視鏡検査されてきました

あまりきれいな話ではないのですが…
実は数ヶ月前から断続的に血便が出ることがあったのです。
ずっと放置していたのですがなかなかおさまらないので、やっとこさ検査に行ってきました。

2週間前に問診をして、今日が検査日でした。
前日は、20:00にグレープフルーツ味の下剤を水に溶かして1杯飲みます。おいしくない。
夜中それのせいで何度も起き続けで、つらかったです。
そしてこの時間から検査が終わるまで、スポーツドリンク/お茶/水/飴しか口にしてはいけません。

当日の段取りは以下。
けっこう長いので、気になる人だけどうぞ!

午前

  • 9:00 受付
  • 9:30 検査の説明を受ける
  • 9:40 経口腸管洗浄剤ニフレックを2リットルを2時間かけて飲み始める。コップ1杯15分ペースでゆっくり飲む

味の素製なので油断していたら、ものすごい不味かったです…。涙目。
薄い出汁にポカリと片栗粉を混ぜたみたいな味…!
私以外はおじいさんに近いおじさん2人。売店で黒糖キャンディを買って配ったら喜んでくれました。「アンタ若いのにどうしたえ?」と聞かれましたw

  • 10:40 1時間経過の診察、血圧測定
  • 11:40 2時間経過、整腸剤飲み終わり
  • 11:40〜13:00 休憩。トイレに何度も行く 泣

この辺でもう腸の中空っぽ。透明な水しか出なかったです。

午後

  • 13:00 診察、血圧測定、おしりに穴があいたパンツをはき、検査用の上着に着替える。
  • 13:20 点滴開始

この間に看護士さんたちとおしゃべりしてました。気さくでテキパキしていていい人たち。
点滴カラカラ転がしてトイレに行く時なんか重病人の気分。
最近の点滴の針は柔らかものでできているみたいで、少しくらいは腕を曲げたりしても大丈夫でした。

そして私の順番の直前に内科の救急が入ったのでさらに1時間近く待ちました。
処置室で急患の手当をするさまは、ドラマのシーンを見ているみたいでした。お医者さんかっこいい。

  • 14:30 検査に呼ばれる

検査用の部屋(レントゲン室みたいな)に点滴をつけたまま連れて行かれました。先生の他に技師さん3人。
内視鏡の機械には“OLYMPUS”とかかれていた…!CMで見たアレか…!
昇降するベッドに寝かされ、点滴には腸の動きを弱める薬を追加されました。

内視鏡が入っていること自体は何ともないのですが、S字結腸や狭いところを進んでいく時が、もうキリキリと鋭い激痛で号泣でした。恥ずかしいー 笑
空気を入れて腸を膨らましながら進むので、お腹が張って苦しい感じはしました。
自分のお腹の中をモニターで見るのは面白かった。つやつやピンクです。

  • 15:00 結果

直腸の粘膜に少し炎症が見られるが、全く問題なくきれいな状態の大腸とのこと。よかった!
あと、ついでにした血液検査や肝炎の検査もまったく正常値だそうです。

検査の代金は3割負担で4880円でした。最新鋭の機械なのに意外と安くてびっくり。

終わったら禁止だったコーヒーや牛乳やごはんをたくさん食べよう!と思っていたのに、
お腹が痛くて吐き気もするしぐったりでした。
腸の動きを弱める薬の作用でふらふらすることがあるらしく、運転してはいけないと言われていたので、母が迎えにきてくれました。
腹痛や吐き気は帰ってお昼寝したら治りました。

ともかく、若いうちはなかなか経験しないであろう経験ができました。
お腹が空っぽになることなんてそうそうないし、デトックスってことで良いかもしれない。
それにしてももうあの下剤は飲みたくない!

大腸内視鏡についていくつか ↓

大腸内視鏡 - Wikipedia
オリンパスグループ企業情報サイト