ダイナミック気晴らし

本とコーヒーと、ネイルと、テクノロジーとデザイン。

気持ちをどこかに収めないと気が済まなかった

ちょっと思い出したのだけど、少し前まで悩まされていた悪癖である 「気持ちをどこかに収めないと気が済まない」ってやつが、最近はなくなったなと、ふと気づいた。

自分の中で自分と議論をして、結論と解決策を出そう。という強迫感のことだ。 テンポのいい議論みたいにね。合理的にね。

もうちょっといい加減になった方がいいってよく言われる。 その性質が自分自身にもたらしている悪影響の方が多く感じても、なにかメリットを感じているから捨てられないのだ、とかよく言うじゃない。 それだと思う。

今回手放せたのはたぶん、 時間が解決するとか、じっと日常を運営していたらパッと雲の切れ間が現れる瞬間があるとか、 そういう、自力でどうにもならないような、セレンディピティ的なタイミングが存在することを信じ始めたからかなとも思う。

いいじゃん。