ダイナミック気晴らし

動的な気晴らしの数々

アラサー冬のお肌乾燥対策は、ローコストでこう運用してます

f:id:saki0118:20180413110206j:plain 徐々に重ねる歳のせいか ここ2年くらいで乾燥がつらく感じてきました

でも、何万もする美容液とかとかにはちょびっと懐疑的なので、まあまあ質のいいシンプルな素材で 自分に合ったケアができればいいなと考え、
いろいろ聞いたり調べたりして試した中で、自分にフィットして定番になってきた乾燥対策について書きます。

「美容!」って感じじゃないので、男性にもおすすめかと思います。

前提

肌質・体質

  • 肌も体ももともと弱くはない
  • ただ冬場は乾燥が深刻
  • たんぱく質摂取するように心がけてる食生活

選ぶときの思想

  • あまりお金かけたくない
  • ちびちび使いたくない
  • やること増やしたくない
  • 時間かけたくない
  • シンプルな素材がいい
  • ベタつくのが嫌
  • ファンシーなパッケージは避けたい

というわけで、「安価で」「運用が楽で」「キラキラパッケージじゃない」みたいなやつ揃ってます。

顔-1 // MARKS & WEB モイスチャーハーバルウォーター ラベンダー/カモミール

お風呂上がってまず顔につけるのがこれ。
すっごくよい香りなので ほっとします。
MARKS & WEB モイスチャーハーバルウォーター ラベンダー/カモミール

小さいサンプルパッケージもあるようなので、ちょっと使ってほしい本当にいいにおい。

顔-2 // ジョンソンベビー ベビーオイル

モイスチャーハーバルウォーターのあとに、顔全体に薄くのばします。
頬など、特に乾く部分は厚めに。

ジョンソン ベビーオイル 無香料 300mL

ジョンソン ベビーオイル 無香料 300mL

全身

全身-1 // ジョンソンベビー ベビーオイル

万能ベビーオイルは顔にも身体にも使う。
ポイントは、お風呂上がってタオルで水気を拭く前にびしょびしょの状態で全身にたっぷり塗る。そのあとタオルで拭く。
ベタつかずふわふわのつるつるに仕上がるので、この方法めっちゃ気に入ってます。

ジョンソン ベビーオイル 無香料 300mL

ジョンソン ベビーオイル 無香料 300mL


タオルで拭いたあとにベビーオイルつけると、油特有のコッテリテカり感だけ強くなってしまう感じがして、服着るときに抵抗ある感じでした。
ということで、びしょびしょの状態で塗るのが吉。

全身-2 // 無印良品 敏感肌用 高保湿化粧水

ベビーオイルして、タオルで拭いたあとに、全身に使います。
安いしたくさん入ってるので、気負わずざぶざぶ使えてとてもよい。 保湿もいいかんじ。

化粧水・敏感肌用・高保湿タイプ 200ml | 無印良品ネットストア

さらにおすすめは、スプレーヘッドをトリガータイプのに付け替えると、運用も楽でいいですよ。

スプレーヘッドは無印良品の化粧品売り場付近に だいたい化粧水と合わせて置いてあって、
会計で店員さんに「高保湿タイプはスプレーが詰まるかも」と注意されますが今のところ大丈夫なので大丈夫なんだと思います。

スプレーヘッド・トリガータイプ 化粧水用 | 無印良品ネットストア

全身-3 // メンタームEXプラスクリーム

最後の仕上げに、おへそ周りやひじやすねなど、乾いて粉ふいてかゆくなりがちなところに塗ります
速効性あるのでかゆいときはすぐ治るし、肌が潤ってるときに塗っておけばかゆくなるのを防いでくれます。

手指

手全体 // OPI アボプレックス ハイインテンシティ ハンド&ネイルクリーム

乾燥を感じたらこまめに塗ってます。
これのすごくお気に入りなところが

  • 濃いめの質感なのに全然ベタつかず、馴染みが早い
  • キューティクルの保湿にも向いてる
  • 好きな香り(ウォーターメロンというかレモンティーというか)

なので、ハンドクリームにしてはちょっと高いけどだいぶ長いこと買い続けてます。

ネイル // OPI アボプレックス キューティクルオイル

ハンドクリームと同じOPIのアボプレックスシリーズ。
これも気に入って、長いことリピートしているやつ。

ハイポニキウム(爪の裏のお肉)を成長させるとネイルベッドが大きくなるので、それに保湿が欠かせないわけです。
ハケで爪裏に直接塗布すると キューティクル全体に回るので、ちょっとごしごしして完了。

直後にキーボード触ると油がついてしまうので少々注意。10分もすれば馴染んで乾いて、気にならない程度です。

まとめ

いまのところのお気に入り保湿施策をまとめました。 毎日ざぶざぶ使いたいし、安くて運用も手間かからないものを選びました。

そのうえさらに、好きな香りとか好きな質感とかいった けっこう大切な要素も無視せず、毎日わくわくできるようなものを選ぶといいと思います。

気の向くまま動的に。気晴らしをするマガジンブログ