ダイナミック気晴らし

動的な気晴らしの数々

築地の削り節で出汁をとる

これを読んだら出汁をとりたくなった。

先日、築地場外市場に行きました。 f:id:saki0118:20180923201155j:plain

威勢のいい削り節屋さんがあり、立ち止まる。

味噌汁と煮物に向いたものが何か聞き、下の写真の「4番」を100g試してみることに。削り節を思いっきり掴んで、手際よくぎゅうぎゅうに詰めてくれた。

差は、各魚の配合率らしいですよ。 f:id:saki0118:20180923195349j:plain 「保存は冷凍庫で」と教えてもらい帰路。

2人分400〜500mlのお湯に対して、削り節は15g。この量で15g!一枚一枚が大きくてつやつやしてる。 f:id:saki0118:20180923195356j:plain

ぶくぶくとお湯が沸いたら火を止め、削り節をふわっといれる。 f:id:saki0118:20180923195412j:plain

全体が沈むまで2分くらい待つ。 f:id:saki0118:20180923195421j:plain

ふきんは面倒なので、コーヒーフィルターで濾しました。絞るとえぐみが出るそうなのでNG。

こんなに透き通った鮮やかな出汁がでました。 f:id:saki0118:20180923195431j:plain

小松菜と大根でお味噌汁をつくる。 f:id:saki0118:20180923195449j:plain

秋田の漆の器で食べました。贅沢だなあ。 f:id:saki0118:20180923195458j:plain

ちゃんととる出汁は、繊細で深みのある味です。

気の向くまま動的に。気晴らしをするマガジンブログ