ダイナミック気晴らし

動的な気晴らしの数々

レザーのプラントハンガーをつくりました(型紙どうぞ)

7,8cmの鉢向け用の小さいプラントハンガーです。

仕上がりはこのような感じ!

f:id:saki0118:20190126214606j:plain

それではつくりかたを。

材料

  • 型紙
    • この記事のもう少し下に型紙を公開してます
  • 厚さ2mm程度のヌメ革
  • 革ひも
    • ハギレを細長く切ったものでもよいですし、革じゃないひもでもいいと思います
  • カッター、カッターマット、はさみ、穴あけポンチ、カシメなど

つくりかた

型紙を印刷する

型紙つくったので置いておきますね。自由にダウンロードどうぞ。

A4で等倍印刷すると直径15cmの仕上がりです。もうちょい大きくしたい場合は、たとえば120%印刷すれば直径18cmになります。

大は小を兼ねたりするので、大きめにつくったほうがいいかも。直径15cmは正直ちょっと小さいです。

f:id:saki0118:20190127172811p:plain

こんな感じかなというのをイラレで適当につくってみました。

f:id:saki0118:20190127182020p:plain

型紙に沿って革をカット

印刷した型紙をハサミで丸く切り、それに合わせて革もハサミで丸く切ります。

f:id:saki0118:20190127145122j:plain f:id:saki0118:20190127145110j:plain

精度必要ないのでそこまでていねいじゃなくていいと思います。

f:id:saki0118:20190126214458j:plain

革に筋をつける

型紙と革もぴったり重ね、千枚通しで線にそって強めに筋を書いていきます。ガタガタなんですけど、線から思いっきり外してなければ大丈夫です。あとであんまり目立たなくなってくるので。

f:id:saki0118:20190126214508j:plain

カッターで切る

筋に沿って、カッターでしっかり切れ目を入れます。

f:id:saki0118:20190126214514j:plain

全部切るとこんな感じ。それっぽさが出てきました。

f:id:saki0118:20190126214521j:plain

革ひもを通す用の穴も、型紙に沿ってポンチで4ヶ所開けます。

革ひもを取りつける

吊り下げ用の紐はこんな感じにしてみました。4,5mm幅。適当なのでこれは型紙なしです。

f:id:saki0118:20190126214532j:plain

ミニカシメで留めて接続。一番上の吊るところを一本にしたかったので、途中から切り替えるような構造にしてみました。

f:id:saki0118:20190126214535j:plain

組み立て。吊り下げ用のひもと本体をつなげます。 紐は穴に通したら玉結びをして、上部はフックに通します。

f:id:saki0118:20190127150430j:plain f:id:saki0118:20190127150439j:plain

水に濡らして乾燥をさせます

全体を水に沈めます。 本革は水に濡らして乾かすと成形できるので、十分に沈めてから、重りのコップを吊って乾かします。

f:id:saki0118:20190127170418j:plain f:id:saki0118:20190127170426j:plain

濡らしたあと。 この状態で1,2時間くらい吊っておいたら、だいたい乾いてしまいました。重りのコップを外したら、ちゃんと成形されてます。

f:id:saki0118:20190126214559j:plain

これで完成!!

f:id:saki0118:20190126214606j:plain f:id:saki0118:20190126214610j:plain

ホヤ・クミンギアナを吊ろうと思います。

気の向くまま動的に。気晴らしをするマガジンブログ