ダイナミック気晴らし

動的な気晴らしの数々

2020年冬に買い足したくすみ系カラージェル13色

ネイル工房さんで半額セールをやっていたので、カラージェルを思いのままに13色買ってみました。 すべてネイル工房さんのジェルです。

今回の13色はどの色もかなり使えそうないい色でしたので、カラーサンプルと、ジェルコンテナを並べて撮ってみました。気になる色があれば参考にしてみてください。 照明は、電球色のデスクライトですが、見た目の色に近づけるようにちょっと補正してます。

くすんだ色が好きなので、くすんだ色ばかりになってしまった。どれも便利に使えそうだし、とてもかわいくて、全然PR記事とかじゃないんですけどほめます。質はよいし、もともと安いのにセールで激安ですし、総じて買ってよかった。

f:id:saki0118:20200213235604j:plain

左から(色名のリンクから楽天の販売ページに飛びます)
  XB02 Bronze(ブロンズ)
  XB04 Cork(コルク)
  XB05 Burnt Umber(バーントゥ アンバー)
  XB08 Golden Yellow(ゴールデン イエロー)
  XA04 Dark Kahki(ダーク カーキ)
  XA06 Sky Green(スカイ グリーン)
  XA10 Bottle Green(ボトル グリーン)
  T008 Paloma(パロマ)
  V009 Bluebird(ブルーバード)
  Q007 Hemlock(ヘムロック)
  R002 Amaranto(アマラント)
  R010 Peat Brown(ピート ブラウン)
  S010 Raphael Blue(ラファエル ブルー)

品番XA,XBはウィンターカラーシリーズ

品番A〜T

ではくわしく見ていきます

冬の新色っぽいもの(色番 XA,XB)

f:id:saki0118:20200209070519j:plain

  •   XB02 Bronze
    • テラコッタ色とも言えるオレンジの強い明るいブラウン。テラコッタネイルって秋冬ありましたね。少しクリアを足して透明度を上げて、重ね塗りしたらかわいい。
  •   XB04 Cork
    • 暗めのベージュ。トレンチコートみたいな色。これ単色使いだと大人っぽい。パールやメタルパーツのベースとしても使えそう。
  •   XB05 Burnt Umber
    • Burnt は“焦げた”の意。べっこうネイル、マーブル、ニュアンスネイルなどに汎用性高く使えそうな、透明度の高い濃いブラウン。この色も XB02 Bronze と同じく、クリアジェル混ぜて透明度を上げて全面塗りして、ニュアンスネイルのベースにできそう
  •   XB08 Golden Yellow
    • ちょっとくすんだ黄色。春夏はとくにイエローのワンカラーネイルやりたくなるので、それにめちゃくちゃ使えそうで気に入ってます。
  •   XA04 Dark Kahki
    • とくに XA04 Dark Kahki(ダークカーキ)が想像よりいい色だったので、これは単色で使いたい。この色すごくよくないですか!
  •   XA06 Sky Green
    • 緑がかった空色。こんな空の日あるなぁと思った。きれい。春夏らしい色。
  •   XA10 Bottle Green
    • XA10 Bottle Green は他の色より透明度が高くて、炭酸ボトルの緑色のようでかわいい。コンテナに入ってるとすごく濃く感じるんですが、塗ると意外と鮮やかです。

f:id:saki0118:20200209070606j:plain f:id:saki0118:20200209070555j:plain f:id:saki0118:20200209070540j:plain

白パケ、黒パケ

品番A〜T

品番Vはここ

f:id:saki0118:20200209070548j:plain

  •   T008 Paloma
    • 若干青みの涼しいグレー。持ち合わせに赤み系のグレーが多かったので、青っぽいのを持ててうれしい。
  •   V009 Bluebird
    • くすんだ儚げな淡いブルー。色調合するときに、くすみと青みを足したいときにいい具合にしてくれそうな感じ。
  •   Q007 Hemlock
    • 赤みの強いオーブって感じがする。足に塗ったらセクシーだな。
  •   R002 Amaranto
    • これがイチオシなんだが、上品で強い紫みの赤がすごくいい。単色でぜひ塗りたい。
  •   R010 Peat Brown
    • グレーみの強いブラウン。ありそうでなかなかない色。「peat」は泥炭という意味だそうなのでイメージ通り。
  •   S010 Raphael Blue
    • 高貴な感じのブルー。これ単色で使うと宇宙みたい。色調合で青みを混ぜたいときに使うときもよさそう。たとえば、白をベースこれをに少し足して、パウダーブルーにしてもすごくきれいな色だと思った。

f:id:saki0118:20200209070502j:plain f:id:saki0118:20200209070524j:plain f:id:saki0118:20200209070511j:plain

白パケと黒パケの仕上がりの違いは、いつもはっきりよくわからないのですが、黒パケのほうは開封したときにムースっぽい質感になっていて、白パケよりも糸を引く感じが弱い気がします。白パケのほうがびよーんと粘度がある。

ちなみにカラーサンプルをつくるとき

ネイル工房さんのスティックカラーチャートを使って、裏側から塗ってます。
複数本扱いたいときもこんなふうに、マスキングテープでちょっとずつずらしながら扇型に仮止めすると、扱いやすいですよ。
f:id:saki0118:20200209070357j:plain f:id:saki0118:20200209070405j:plain

この中から3色使って「ひすいカラー」をつくってみた

XA10 Bottle Green 、 XA06 Sky Green 、 XA04 Dark Kahki を、比率のめやす1:3:1くらいで混ぜ、さらに4くらいのクリアジェルを足して透明度を上げます。

f:id:saki0118:20200215114042j:plain f:id:saki0118:20200215114100j:plain

2回塗りでこんな仕上がりになりました。どうでしょうかね?春っぽくていい感じと思います。寒色系のワンカラーってあまりやる機会ないから新鮮だった。

f:id:saki0118:20200215194317j:plainf:id:saki0118:20200215194324j:plain

↑ このメタリックのジェルもネイル工房さんで購入しました。

メタリックはうまくつやつやメタルにならずに結構試行錯誤したり、各メーカーを比べてみたりしましたが、このメタリックジェルがいまのところ一番いい感じでおすすめです。使っていくうちに塗るときのコツがわかってきたので、また改めて記事にまとめたいと思います。

おしまい

ネイル工房さんは本当にカラージェルの種類が多いので、迷っちゃうと思いますが、この記事が色選びの参考になればうれしいです。くすみ系、かわいい!

気の向くまま動的に。気晴らしをするマガジンブログ