ダイナミック気晴らし

動的な気晴らしの数々

世界らん展2020に行きました

写真日記的な記事です。こんな雰囲気だよーというのが参考になれば幸いです。

公式サイト: www.tokyo-dome.co.jp

2/14〜21までやっていて、わたしは16日に行きました。ちょうど30周年だったようです。

東京ドームです。

コロナウイルスの影響で、消毒液などが置かれていました。 f:id:saki0118:20200219235207j:plain

入場しました。一面展示で、壮観です。ベンチで休憩もできるようで、見に来たひとがまばらに座っていました。 f:id:saki0118:20200219235300j:plain

エントランスの「オーキッド・ゲート2020」と呼ばれる展示です。一番ひとが集まっています。展示見ていると疲れちゃうので、座れるところがたくさんあるのは助かる気がする。 f:id:saki0118:20200219235122j:plain

大好きなビカクシダのエリアがあって立ち止まる。 f:id:saki0118:20200219235216j:plain

こんな感じで区画ごとにコンセプトのある展示がいくつも並んでいます。 f:id:saki0118:20200219235143j:plain

会場中央にある、シンボルモニュメント「桜蘭」 f:id:saki0118:20200219235103j:plain

多肉の展示コーナーもあり、この壁で囲まれた中が砂漠のような空間デザインになっていて素敵でした。 f:id:saki0118:20200219235131j:plain

すごくいい香りがしたやつ f:id:saki0118:20200219235243j:plain

展示の中でも南国っぽくて一番気に入ったもの f:id:saki0118:20200219235150j:plain

販売をしている区画が全体の1/3くらいあって、個人でも購入することができます。ランをはじめ、エアプランツ、ビカクシダ(コウモリラン)、着生ラン、塊根植物、切り花、観葉植物などもたくさんあって、どれも驚くほど安いです。めぼしいものを毎年ここでまとめ買いしても最高かもしれない…
ありえないお手頃価格で板付けの着生ランが売っていて、わくわくした。南米や東南アジアからの出店も多かったです。 f:id:saki0118:20200219235230j:plain f:id:saki0118:20200219235054j:plain

キャッシュレス化が進んでた

f:id:saki0118:20200219235330j:plain f:id:saki0118:20200219235315j:plain

ちなみに今回、らん展のチケットを買うのに「LINEチケット」を今回使ってみました。購入から、母へ分配するフローも結構よかったので、また何かあったらLINEチケットを使ってみたい。

わたしが買って母に渡すのがLINE上ででき、支払いもLINE Pay、入場時も画面を見せてスタッフが入場処理をしてくれるのがスムーズでよかったです。

REC COFFEE にも行きました

福岡に行ったときに気に入ったお店。東京にも水道橋に最近できたようです。東京ドームから歩いて5分くらいだったので、行ってみました。 f:id:saki0118:20200219235500j:plain f:id:saki0118:20200219235511j:plain

角の席でモカを飲みました。 f:id:saki0118:20200219235523j:plain f:id:saki0118:20200219235440j:plain f:id:saki0118:20200219235452j:plain

おしまい

植物好きには天国でした!来年もまた行く

気の向くまま動的に。気晴らしをするマガジンブログ