ダイナミック気晴らし

動的な気晴らしの数々

自作の針金吊り具でウスネオイデスをハンギングする

f:id:saki0118:20210508110727j:plain

ウスネオイデスをひもで縛ると縛ったところが茶色く枯れてきてしまうので、他のハンギングの仕方を試したく、針金で吊り具をつくってみました。

針金吊り具のつくりかた

硬めの針金を用意してください。ウスネオイデスが意外と重いので、柔らかすぎると重みで伸びてしまいます。

f:id:saki0118:20210508105809j:plain

プラスチックなどの硬いカード(PASMOにしました)に10~15回くらいぐるぐる巻つけ、カードを外すと、コイル状になります。

f:id:saki0118:20210508110008j:plain

これをくるっと円形にして、端をとめてフックをつくります。

f:id:saki0118:20210508110018j:plain

こんな感じになりました。

f:id:saki0118:20210418215510j:plain

真上から見たところ

f:id:saki0118:20210513131831j:plain

ウスネオイデスを吊り下げる時のコツ

ウスネオイデスをほぐすと、このようになってます。横の主線と、そこから枝分かれして下方向に垂れ下がる形になっています。下向きの「E」みたいなのが並んでる形をしています。

矢印で表した箇所を針金にかけて束ねていきます。

f:id:saki0118:20210418215933j:plain

引っ掛けるとこんな感じ

f:id:saki0118:20210418215459j:plain

好きな場所に吊り下げます

ライティングレールのフックにS字フックをかけて、そのに吊り下げてみました。

f:id:saki0118:20210418215446j:plain

▼ 重みでたわんで心配になったら、コイル状のほうに直接大きめのS字フックをかけたりもできます。こちらのほうが安定します。

f:id:saki0118:20210508102032j:plain

気の向くまま動的に。気晴らしをするマガジンブログ