ネイルメモ:シルバー縦ラインのギラギラネイル

2023年11月上旬にやったネイルです。
ロングネイル気味でシンプルかつ存在感があるやつがやりたくなったので、右手ネイルチェンジ。

シルバーラインのつくり方

人差し指以外のシルバーの縦ラインアートは、〈STORYJEL365 250MC バロックの彫刻〉とミラーパウダーでつくります。

1. ベースジェル→クリアジェル(強度出し)で下地をつくります

あとでミラーをつけるのでここで未硬化ジェルを拭き取っておきます。

2. 〈STORYJEL365 250MC バロックの彫刻〉を、筆跡をつけながらうねり気味に描きます

細めの筆(アートフラット)で3回ほどいびつな線を重ねるとかわいい。250MCはレベリングせず硬い質感のジェルなので、筆跡がつけやすくニュアンスデザインする時に多用しています。

細めの長い平筆、めちゃくちゃ使いやすくて愛用している ↓

3. 筋を描いた上からミラーパウダーを擦ります

250MCのみでもよいのですが、さらにぎらぎらとした光沢が欲しいので、上からミラーパウダーをつけていきます。

250MCはノンワイプなので、上からシルバーのミラーパウダーをつけることができます。筆跡の溝にも刷り込むように、チップでごしごし。

ミラーパウダーはなんでもよいです。わたしはいろいろ使い比べた末、最近お気に入りのネオコレクションのミラーパウダー(シルバー)を好んで使っています。安いのに曇らずピカピカの仕上がりになりますのでおすすめ。

4. ラインに高さを出します

ハード系のジェルや、ホイップジェルでラインよりひと回り大きいくらいにぷっくりをのせます。シルバーのラインからはみ出したりしつつ、うねうねいびつだとかわいいです。

ジェルをのせて固めるを2,3回繰り返し、お好みの高さ・ぷっくり感になるまで整えます。

これを使いました。〈TOY's×INITY ノンワイプ アートクリア ロー〉

筆はSTORYJEL365 マルチラウンド。硬いテクスチャのジェルを扱うときに、毛量が多い方が使いやすいので、マルチラウンドはちょうどいいです。(STORYJEL365 の筆が優秀すぎて全部愛用してる〜!)

5.トップで仕上げ

ぷっくりを埋め込みすぎないように、ノンワイプトップで仕上げます。

人差し指

人差し指は、クリアなくすみダークブラウンのワンカラーの上に、ホイル(箔)をのせただけです。

クリアなダークブラウンは以下の2色を混ぜたもの、ホイルは100均です。

おしまい

利き手(右手)のオフは面倒で時間がかかるので、こういうクリアベースで中央だけアートがあるみたいなネイルデザインにすると個性的でかつ結構オフも楽です

暗めなところでアップ。とてもギラギラ。筆の筋もいい〜