ダイナミック気晴らし

動的な気晴らしの数々

ネイルメモ:ブラックフレークベースのうねうねデザイン【つくりかた手順】

f:id:saki0118:20210521113059j:plain

ブラックフレーク(マイカフレーク)と、マルチカラーのうねうねと、クリアのうねうねと、ミラーとストーンもぜんぶやりたかったので、ぜんぶ入りな個性的デザインになりました。

スケッチ

こんな感じにしようかなと描いたやつ。

f:id:saki0118:20210523160505j:plain

ベースはブラックフレークなのですが、指ごとに少々デザインをいろいろ変えていて、以下の3デザインのミックスになっています。

  • 親指 & 小指 ペア → マルチカラーラインのうねうね
  • 人差し指 & 中指 ペア → 金箔とクリアうねうね
  • 薬指のみ → ミラーネイルにストーン

使ったアイテム

装飾系

いつものクリア系のジェル

つくりかた

STEP
ベースを仕上げる
ベースジェル1層、クリアジェル(スカルプ)1層でベースとなる部分を仕上げます。お好みで!
STEP
ブラックフレークを塗る
【親指】【人差し指】【中指】【小指】

ブラックフレークを塗ります。人差し指と中指の先端は、金箔をつける予定なので塗るのを避けます。その後、硬化。

f:id:saki0118:20210521113223j:plain

まんべんなく塗るより、密集しているところと過疎っているところがあるほうが、より垢抜けて見えるのでおすすめです。

STEP
ミラーパウダーをのせる指にワイプレスを、金箔のせる指にスティッキーを塗る

【人差し指】【中指】【薬指】

金箔をのせる人差し指・中指にスティッキーを、ミラーパウダーをのせる薬指にワイプレストップを塗ります。その後、硬化。

f:id:saki0118:20210521113250j:plain

STEP
金箔をつける

【人差し指】【中指】

爪の先端から5~6mmのエリアに金箔をつけます。根元に向かって少しグラデーションのように薄くなりながらフェードアウトしているようにするといい感じかも。その後、軽く硬化

f:id:saki0118:20210521113301j:plain
STEP
ミラーパウダー擦る2回

【薬指】

1回目

ミラーパウダーを擦ります。

f:id:saki0118:20210521113146j:plain

2回目

さらにワイプレスジェルを塗り、硬化し、2回目のミラーパウダーを擦ります。2回やると透けずにミラー感がしっかり出ます。

f:id:saki0118:20210521113330j:plain

STEP
クリアジェル(スカルプ)でフラットに

【すべての指】

クリアジェル(スカルプ)ですべての指をコーティングします。ここで厚めに塗って、凹凸をフラットにしておきます。その後、硬化。厚塗りすると硬化熱がけっこう熱くて痛いので注意です(一瞬2秒照射してから出して、熱が引いたらもう一度普通に照射するとしんどくないです)。

f:id:saki0118:20210521113213j:plain

STEP
未硬化ジェルを拭く

【すべての指】

未硬化ジェルを拭き取ります。未硬化ジェルがあると、上からぷっくりラインを描く時に流れてしまいうまくできなくなってしまいます。未硬化ジェルを拭き取ると表面張力が復活するので、ぷっくりがやりやすいです。

STEP
クリスタルストーンをつける

【薬指】

ミラーパウダーの指のみクリスタルストーンをつけます。固定にはビジュージェルを使いましたが、あとで埋め込むのでそこまで強度は必要なく、ハードやスカルプでもよいです。その後、硬化。

さらに上から、ストーン含めた指全体をクリアジェル(スカルプ)で覆います。覆われないほうがクリスタルストーンはキラキラしてるんですが、今回はぜんぶ覆ってしまってちょっとチープなおもちゃみたいな感じになってしまったクリスタルストーンが可愛いのであえて覆います。

f:id:saki0118:20210521113240j:plain

STEP
マルチカラーのうねうねを描く

【親指】【小指】

マルチカラーのうねうねを描きます

過去つくってたカラージェルを使います。お好きな色を用意してください。 f:id:saki0118:20210523164825j:plain

  • パウダーブルー
  • レモンイエロー
  • クリアホワイト

こんなふうに、ところどころカラージェルを変えながらマーブル状にします。

パウダーブルーを引いてから

f:id:saki0118:20210521113320j:plain

途切れた部分にレモンイエローやクリアホワイトをひき、境界を混ぜる

f:id:saki0118:20210521113311j:plain

同じ要領で、小指もやりました。その後、硬化します。

f:id:saki0118:20210521113155j:plain

さらにこのカラーの上からクリアジェル(スカルプ)を太めにひいて、ぷっくりラインをつくります。

メリハリついたほうがぷっくりが可愛いので、同じ線を2回引いて厚みをつけます。流れないように、1回ごとに硬化してください。

f:id:saki0118:20210521113204j:plain

STEP
クリアのうねうねを描く

【人差し指】【中指】

人差し指と中指の金箔の部分は、フレンチラインの下あたりにクリアジェル(スカルプ)でぷっくりをのせます。

f:id:saki0118:20210521113232j:plain

こちらも、同じ線を2回引いてぷっくりを高くします。これくらい高いと目立って可愛い。屈折で、うしろの金箔がぐね〜んと見えておもしろい。

f:id:saki0118:20210521113139j:plain

STEP
ワイプレストップで仕上げ

【すべての指】

すべての指にワイプレストップジェルを塗り、仕上げます。ワイプレストップは流れやすいので、1本塗ったら硬化、また次の1本を塗って硬化、というように1本ずつ仕上げます

すべて塗ったところです
f:id:saki0118:20210521113341j:plain

STEP
(任意)先端を整える

【すべての指】

わたしの場合は、ここから先端やサイドを削ってパッキリさせると垢抜けるので削ってます。

STEP
本当に完成 👏
f:id:saki0118:20210521113051j:plain

おしまい

ぷっくりさせすぎると、缶のタブが開けられなくなるんだけど、それでも可愛くてしょうがないんですよねー

f:id:saki0118:20210523170204j:plain

f:id:saki0118:20210523170154j:plain

f:id:saki0118:20210523170148j:plain

気の向くまま動的に。気晴らしをするマガジンブログ