ダイナミック気晴らし

動的な気晴らしの数々

自家製レモンシロップでレモン寒天をつくる

f:id:saki0118:20210509110143j:plain

気温が高くなってきて、冷たいデザートが食べたくなったので、つくってみました。

まずレモンシロップが必要ですが、いつもつくっているお気に入りの自家製レシピがあるのでこちらを用意します。

8saki.hatenablog.com

今回は皮なしで漬けてみました。

f:id:saki0118:20210509110155j:plain

レモン寒天 材料(バット1枚分)

  • レモンシロップ: 100ml(約130g)
  • : 500ml
  • 粉寒天: 4g

ほうろうバットはこのサイズ(31cm x 25cm x 6 cm)がぴったり

600mlくらい入る容器であればなんでもいいと思います。

粉寒天

微調整できるので、個包装よりもこういったチャック入りの大袋のほうが便利で好きです

つくりかた

  1. 水500mlと粉寒天4gを弱火〜中火にかけ、沸騰させる
  2. 沸騰してからもしばらく1,2分よくかき混ぜます(寒天はなかなか溶けない)
  3. 火を止めてから、すぐにレモンシロップを100mlくらい混ぜます
  4. バットに流し入れて冷まします
  5. 固まったら完成

f:id:saki0118:20210510160721j:plain

レモンシロップ100mlはこれくらいの量。重さにすると約130gでした。お好みで増減してください。

f:id:saki0118:20210510160821j:plain

火を止めたあとにレモンシロップを入れて混ぜます。溶けきらなかった氷砂糖はいつも捨てちゃってたけど、ここでそれを一緒に入れると熱で溶けてくれるので、無駄にならずにいいなと思いました。

固まったところです。キュッと冷えていた方がよりおいしいので、夜つくって一晩よく冷やし、翌日食べるのがよさそう。

f:id:saki0118:20210509110122j:plain

見た目が地味ですがとてもおいしいです。

f:id:saki0118:20210509110133j:plain

粉寒天の青っぽさ草っぽさが苦手だったんですが、レモンと一緒だと逆にそれがいいバランスになっていると思います。

f:id:saki0118:20210509110143j:plain

気の向くまま動的に。気晴らしをするマガジンブログ