ダイナミック気晴らし

3色で簡単にできる べっ甲ネイルアートのやり方を写真で解説

簡単なのに「すごいむずそう」と言われるので、簡単だということを主張するために書きます、
色をのせてつんつんするだけの作業です。 

いるもの

f:id:saki0118:20171216005152j:plain

  • クリア
  • ネイル工房カラージェル Freesia(Q006)
    より透明度を出すために、少々クリアジェルを混ぜて使用。
  •  GLOCCYカラージェル ボンボンショコラリニューアル後型番は C-78)
  •  GLOCCYカラージェル ジェットブラック(リニューアル後型番は C-19)

いつもここから購入しています。

フリージア(Q006)↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ジェルネイル♪全230色 ネイル工房発!カラージェル
価格:108円(税込、送料別) (2017/12/16時点)

ボンボンショコラ。(C-78)とジェットブラック(C-19)↓

やりかた

0. ベースジェル

いつものやりかた、いつもの厚みで仕上げてください。

1. 黄色2度塗り

色味をはっきりしつつ、透ける感じを残す。

黄色は売ってるのもあるけど、慣れたら自分で好みの色味をつくるといいです。

f:id:saki0118:20170903110932j:plain

 

2. クリアを塗布(硬化しない)

f:id:saki0118:20170903110939j:plain

3. 透明度の高い茶色を塗布(硬化しない)

平筆で置く感じ。
下に硬化していないクリアがいるので、ふわっと広がります。

f:id:saki0118:20170903110948j:plain

4. 茶色を置いた箇所より半分くらい少なめに黒を置く(硬化しない)

置きすぎると濃くなりすぎてしまうので、写真くらいの量と場所に。

f:id:saki0118:20170903110956j:plain

5. ひっかいたりつんつんしたりする(硬化しない)

爪楊枝でひっかいたり、けっこうめちゃくちゃにやって大丈夫です。

f:id:saki0118:20170903111005j:plain

6. メリハリをつけるために、クリアジェルを数か所たらす(硬化しない)

クリアをたらす作用で黒と茶色がよけて 下地の黄色が出てくることにより、濃淡のメリハリをつくります。

f:id:saki0118:20170903111015j:plain

このへんに垂らしてみました↓

f:id:saki0118:20170905170219p:plain

7. たらしたクリアとその周囲をなじませる(硬化しない)

f:id:saki0118:20170903111027j:plain

8. さきほど塗った黒の中心部に、もう一度黒をのせてはっきりさせる(硬化しない)

f:id:saki0118:20170903111037j:plain

黒の中心がこのへんだったの3箇所垂らしました

大きな三角形ができるように意識するとバランスよくなります

f:id:saki0118:20170905170302p:plain

9. 模様が決まったら硬化

つんつんしたりいじったりしている間に、セルフレベリングがうまくいって、だいたいでこぼこがなくなってくれます。

逆に、流動的な状態で多めにのせているので、サイドに流れてしまうのだけ気をつけてください!

10. トップで仕上げて完成

f:id:saki0118:20170905165436j:plain

 

べっ甲は模様の種類いろいろあると思うので、好みの色とマーブル具合を試してみてください。

基本はこの方法でいけると思います。

 

参考までに、わたしが普段使用しているネイルグッズ総集編の記事もどうぞ!