ダイナミック気晴らし

オーロラフィルムを使ったくすみブラウンニュアンスネイルのやり方と、カラージェルの作り方

こんな雰囲気のネイルがしたく

【出典元】Risako Nakano (@lachouette_risako) • Instagram photos and videos www.instagram.com www.instagram.com

このカラージェルをつくりました

f:id:saki0118:20181117182213j:plain

配合

手持ちのカラージェルを以下の比率で混ぜて作りました。同じものがなくても、似たような色でいけるとおもいます。コーラルオレンジは、くすみと赤みを足すために入れました。いい仕事してる。

クリア4 : シアーブラウン3 : シアーライトアンバー2 : コーラルオレンジ1

f:id:saki0118:20181117182228j:plain

これをよく混ぜます。

オーラロフィルムを使ったニュアンスネイルやりかた

仕上がりはこんな感じ

f:id:saki0118:20181118132634j:plain 角度によってめっちゃキラキラします。奥行きがあって幻想的。

作り方

スケッチ f:id:saki0118:20181118133609p:plain

  1. ベースジェル
  2. ↑でつくったくすみブラウン1層目
  3. くすみブラウン2層目(まだらにするため)
  4. フィルム1層目
  5. 薄くクリアジェル
  6. フィルム2層目(奥行きを出すため)
  7. 薄くクリアジェル(あとのブラウンを塗りやすくするため)
  8. ホワイトでランダムラインを描く
  9. くすみブラウン2度塗り
  10. トップジェルで仕上げ

コツ

ブラウン2層目の時のまだら感はこう

多少デコボコしてもあとで埋まっていくのであまり気にしない f:id:saki0118:20181117182239j:plain

フィルムは使いやすいサイズに切ってストックしておくと便利

シリコンスティックあるとかなりやりやすいです f:id:saki0118:20181117182259j:plain

白ラインでニュアンスネイル感強まる

フィルムだけよりか、白いランダムなラインが入ってると、一気にニュアンスネイル感が出る感じする f:id:saki0118:20181117182309j:plain

再度、仕上がりこんな感じです

一見、ただの透けたブラウンなんだけど、角度によって中のフィルムが複雑に反射するのがすごくかわいい f:id:saki0118:20181118132646j:plain ちなみに反対の手は、ミラーパウダーでまだらにしたシルバーのニュアンスネイルです。 f:id:saki0118:20181118132651j:plain

トイレの石膏ボード壁にインダストリアルな小棚をDIY

しました。 棚板と、シェルフフレームを買ってきて、取り付けました。

何もなかった壁

しょっぱなトイレ画像でごめんなさい。
予備のトイレットペーパーとか持ち込んだ本とかiPadとかを、写真左の手すりに置いてました。 f:id:saki0118:20181028195104j:plain

材料

金具は、二子玉川DIY FACTORYで購入。 www.diyfactory.jp f:id:saki0118:20181028194546j:plain

ネットでも売ってます。これとか同じもの。

正方形アイアンフレーム。表面は黒でざらっとしてる。 f:id:saki0118:20181028194648j:plain うちの家具がウッド×黒アイアンのインダストリアル調で揃えているので、こちらもそれで揃える感じにします 8saki.hatenablog.com

組み立て方の書。 f:id:saki0118:20181028194633j:plain

パーツ。ねじも石膏ボード用のピンも両方入ってるので、取り付ける材質によって選べる。 f:id:saki0118:20181028194716j:plain

木は自分で用意

ホームセンターで、幅15cm × 長さ60cm × 厚さ1cm の杉材を買って、油性ジェルカラーニス(ウォルナット)で塗ります。 パイン材とか好きな板でよさそうですが、板の重さで棚が外れてきてしまいそうなので、軽くて薄い杉板1cm厚にしました。

設置のプロセス

アイアンフレームを壁に取り付ける

位置を決めてから、ピンを差し込む。石膏ボード壁は刺さらない場所もあるので、ノックの要領で壁をトントンして、中が空間ぽい音がするところに刺すようにする。無理やりやっても細いピンが曲がっちゃうだけで本当に入らないので、避けるがマスト。 f:id:saki0118:20181028194619j:plain f:id:saki0118:20181028194607j:plain 付属のキャップを取り付け。爪が長くてやりづらかった。 f:id:saki0118:20181028194800j:plain

木材を乗せて、ネジで固定

下からこんな感じ。杉材はやわらかいので、下穴を開けなくてもドライバーだけでいけました。 f:id:saki0118:20181028194659j:plain

完成

f:id:saki0118:20181028194731j:plain f:id:saki0118:20181028195143j:plain フレーム下に針金でS字フックを固定し、 f:id:saki0118:20181028194825j:plain 予備のトイレットペーパーを入れたメッシュバッグを提げました。 f:id:saki0118:20181028194748j:plain ルームフレグランスの瓶も置く。

いい!

ヒヤシンス水栽培記録2018

この記事は、ヒヤシンスの球根の水栽培について、球根準備から開花するまでの様子を追記しながらメモっていこうとする内容です。

球根準備

買ってきました。

f:id:saki0118:20181018080941j:plain

「水栽培用」と明示してないけど、まあいいか。ホームセンターでは10月10日の時点でもう在庫切れ続出だったので、買いに走るか、来年忘れそうなかたは2019年10月01日「ヒヤシンス球根買う」というタスクを入れましょう

f:id:saki0118:20181018080346j:plain

4,5cmの球根5個入り

f:id:saki0118:20181018080358j:plain

もうすでに根が出そうしそうなデコボコのある個体も。

ヒヤシンスは、春化処理といって、発芽するまでは冷暗所に置かなければいけないそうです。 ネットに入ったまま、小さな紙袋に入れて野菜室に置きました。

f:id:saki0118:20181018080411j:plain

野菜室に置いた理由は、開け閉めが頻繁でないので暗い状態を保てるからです。

めやす10週このままにします。本日10月18からだと、12月27日まで。ときどき取り出して発根・発芽してないかみてみよう。

ではまた続く…

築地の削り節で出汁をとる

これを読んだら出汁をとりたくなった。

先日、築地場外市場に行きました。 f:id:saki0118:20180923201155j:plain

威勢のいい削り節屋さんがあり、立ち止まる。

味噌汁と煮物に向いたものが何か聞き、下の写真の「4番」を100g試してみることに。削り節を思いっきり掴んで、手際よくぎゅうぎゅうに詰めてくれた。

差は、各魚の配合率らしいですよ。 f:id:saki0118:20180923195349j:plain 「保存は冷凍庫で」と教えてもらい帰路。

2人分400〜500mlのお湯に対して、削り節は15g。この量で15g!一枚一枚が大きくてつやつやしてる。 f:id:saki0118:20180923195356j:plain

ぶくぶくとお湯が沸いたら火を止め、削り節をふわっといれる。 f:id:saki0118:20180923195412j:plain

全体が沈むまで2分くらい待つ。 f:id:saki0118:20180923195421j:plain

ふきんは面倒なので、コーヒーフィルターで濾しました。絞るとえぐみが出るそうなのでNG。

こんなに透き通った鮮やかな出汁がでました。 f:id:saki0118:20180923195431j:plain

小松菜と大根でお味噌汁をつくる。 f:id:saki0118:20180923195449j:plain

秋田の漆の器で食べました。贅沢だなあ。 f:id:saki0118:20180923195458j:plain

ちゃんととる出汁は、繊細で深みのある味です。

さくっと1泊 はじめての広島 写真日記

いってきました。はじめて行った。 (本来の目的は親戚にご挨拶)

自由時間があまりなかったのだけど、厳島神社とコーヒー屋さん2件と大衆居酒屋にいけて、そのうえホテルが素敵だったので満足です。

1日目

東京駅でおみやげ、おにぎり、最近ハマりのアイスチャイラテを買う

f:id:saki0118:20180826222922j:plain

広島まではのぞみでちょうど4時間。新幹線では最高京都までしか行ったことなかった。

広島駅着くやいなや、乗り換えて厳島神社最寄りの宮島口駅まで向かう。

f:id:saki0118:20180826223210j:plain

f:id:saki0118:20180826223157j:plain

お土産やさんや名物料理屋さんの並ぶ 観光地らしい街並み。広島土産はもみじ饅頭。

f:id:saki0118:20180826222822j:plain f:id:saki0118:20180826222835j:plain

チケットを買ってフェリーに乗り、10分ほどで宮島につく。チケット数百円。

f:id:saki0118:20180826223641j:plain

f:id:saki0118:20180826223630j:plain f:id:saki0118:20180826223653j:plain

鹿いっぱい🦌古い街並みもあったりして。
厳島神社までは、フェリーのりばから15分くらい歩く。

f:id:saki0118:20180826224125j:plain

集合写真のカメラマンの三脚に鹿がしつこく頭突きしていて、怒られているところがかわいい。

f:id:saki0118:20180826224259j:plain

そして、例の大鳥居

f:id:saki0118:20180826224310j:plain

とにかく外人さんが多い

f:id:saki0118:20180826224321j:plain

厳島神社の本体のほう。

f:id:saki0118:20180826224249j:plain

f:id:saki0118:20180826224337j:plain

朱色がきれい。このときは引潮だったため地面が見えました。

f:id:saki0118:20180826224352j:plain

平舞台から大鳥居のほう。

このあとは、ここにきたら行ってみたかった「伊都岐珈琲」(イツキコーヒー)へ。

f:id:saki0118:20180826225002j:plain

f:id:saki0118:20180826224948j:plain

名物のクリームパンと、広島のみかんを使ったスムージーと、アイスのラテ

f:id:saki0118:20180826224930j:plain

ラテのエスプレッソはエチオピアの豆でした。そのコーヒー豆をおみやげに購入。

f:id:saki0118:20180826225546j:plain

帰り際に潮が満ちてた。

f:id:saki0118:20180826225716j:plain f:id:saki0118:20180826225730j:plain

さらば宮島。

ホテルへ移動。

f:id:saki0118:20180826230547j:plain

広島は路面電車とバスがよく通ってた。広島駅はとてもきれいで現代的だった。街並みも栄えていて新しめ。京都みたいな感じした。

ホテルはオリエンタルホテル広島。きれいですごくよかったのでおすすめ。

www.oriental-hiroshima.com

おなかがすいたので、荷物を置いて食事に。

f:id:saki0118:20180826230759j:plain

f:id:saki0118:20180826230807j:plain

焼いた鶏肉が食べたくなり、食べログレビューがよかったここに行ってみた。

安いしおいしい。金曜の夜なのもあり、混んでいて、次から次へとひとが入ってきた。開くのを待つグループも。若いひとのお店っぽいけど老若男女いた。

洋風もつ煮込みと、野菜串と、厚焼き玉子と、お刺身がおいしかった。写真撮るの忘れてしまった。

帰る。

おなかがいっぱいで眠る。

2日目

早めに起きたのでラウンジで本を読んでいた

f:id:saki0118:20180827145721j:plain

f:id:saki0118:20180827145652j:plain

f:id:saki0118:20180827145804j:plain

めっちゃ素敵ラウンジ

客室の部屋や廊下はこんな感じ

f:id:saki0118:20180827150034j:plain

f:id:saki0118:20180827150054j:plain

11:00頃にチェックアウトして出かける。

行ってみたかった 「OBSCURA COFFEE ROASTERS Hondori」 へ。
OBSCURA COFFEE ROASTERSの広島2号店。

f:id:saki0118:20180827151141j:plain

f:id:saki0118:20180827150334j:plain

f:id:saki0118:20180827150455j:plain

アイスコーヒーとアフォガートを注文。コーヒー豆をえらべるので、アイスコーヒーがコスタリカアフォガートエスプレッソをルワンダにした。どちらも甘みの強い浅煎りのさっぱりとした味だった。

f:id:saki0118:20180827150410j:plain

アフォガートコーヒーゼリー入り。バニラアイスにナッツや押し麦がトッピングされていて香ばしくておいしかった。

f:id:saki0118:20180827150354j:plain

f:id:saki0118:20180827151305j:plain

f:id:saki0118:20180827151445j:plain f:id:saki0118:20180827151420j:plain

コーヒーに関するグッズの他、生活雑貨や器も売っていて、眺めるのたのしい。

この日は親戚の家にご挨拶にいくのがメインの予定だったので、そのあとはそんな感じ。

f:id:saki0118:20180827150231j:plain

夕方ごろ、東京行きの新幹線に乗りました

f:id:saki0118:20180827233834j:plain

複数株あるビカクシダを、通風パネルにまとめて群生風に板付けする

何株か絡まってる鉢植えのビカクシダ(コウモリラン)を、まとめてひとつの板に仕立ててみました。
そのときの方法とかメモを記録するエントリです。

株分けしてひとつずつ別の板に板付けする記事はよく見かけるものの、複数株をまとめてという場合は情報があまりなかったので、書いてみました。誰かの役に立てばうれしいです。

準備

通風パネルを買いました

コルクとかヘゴ板なんかに板付けするのが普通なんですが、このブログを読んで、通風パネルめちゃくちゃかっこいいし使い勝手よさそうと思い、一瞬で通風パネルの虜になりました。

sewayakigreen.com

そして200x400サイズを買いました。

強靭な繊維質のゴムの素材(Joto複合材(JC)というそう)ですが、がんばると曲がるくらいの硬さ。軽いです。 f:id:saki0118:20180803184845j:plain プラスチックみたいな質感。 f:id:saki0118:20180803190943j:plain

板付けする前のビカクシダ

うちのビカクシダは鉢植えのビフルカツム。結構大きくて何株か絡まっており、貯水葉が思うように広がらないでかわいそう。この姿だと水やりもわりと難しい。
あと、お掃除ロボットのルンバが通るときに鉢スタンドをガンガンやるので、ルンバのためにもビカクシダのためにも床置きはやめて、上から吊りたいなあと思ってました。夏になったら板付けにしようと。 f:id:saki0118:20180803185012j:plain

ポットスタンドはこれです。これもかなりお気に入り。

計画スケッチ

株分けしたらそれぞれコケ玉をつくって、まとめて板に盛ればいいんじゃないかという計画をしてスケッチを描いてみました。 f:id:saki0118:20180803185832j:plain

板付けしていきます

➊ 道具

f:id:saki0118:20180803185037j:plain

  • 問題のビカクシダ
  • 通風パネル
  • 水に戻した水ゴケ
  • 麻ヒモ(一株ずつコケ玉をつくる用)
  • ワイヤー(コケ玉を通風パネルに固定する用)
  • 園芸ハサミ(絡まる株をばりばり剥がす)
  • プランティングシート(あると土で散らからず便利です。新聞紙でも可)

ココヤシファイバーは水ゴケの上からカバーに使ってみようかと思ったんですが今回は使いませんでした。

あと、胞子葉の表面の細かい毛(星状毛)が飛ぶので、マスクがあるといいかも。星状毛は大事な毛なのであんまり剥がれ落ちないようにそっと扱ってくださいね。

➋ 鉢から出し、株分けします

土が乾いた状態でやると扱いやすいので、直前に水やりと葉水をしないのが吉です。 f:id:saki0118:20180803185057j:plain プラ鉢を揉みながら土ごとビカクシダを引きぬきます。
胞子葉を引っ張ってぬこうとするのはダメですよ。 f:id:saki0118:20180803185112j:plain 底のほうの土は本体とあんまり関係ないのでほぐして捨てちゃいます。 f:id:saki0118:20180803185120j:plain ほぐして全体が見えてくると、奥まっている株が露出しました。
こんなふうに、結構硬くくっついていて解体が難しそうな箇所もあったので、 f:id:saki0118:20180803185140j:plain 無理に剥がさず、大きいのはそのままで、3株/1株/1株に分けました f:id:saki0118:20180803185149j:plain

➌ 株ごとにコケ玉をつくります

つくります。 f:id:saki0118:20180803185302j:plain 3株くっついた大きい子は、貯水葉の内側に空洞がありました。それを埋め、よく根付かせるためにたっぷりの水ゴケで埋めます。 f:id:saki0118:20180803185308j:plain 麻ヒモでぐるぐる巻いて、コケ玉にします。成長点と新しい若い貯水葉を傷つけると死んじゃうかもしれないので避けます。広がって枯れ始めた古い貯水葉は巻いても平気です。 f:id:saki0118:20180803185316j:plain f:id:saki0118:20180803185330j:plain 3つ全部コケ玉にしました。胞子葉が作業中に広がって邪魔になるので、粘着力の弱いテープでゆるくまとめました。 f:id:saki0118:20180803185336j:plain

➍ 板付け上下向きに注意

葉の付け根をよく見ると、小さいふわふわの突起(成長点)があるので、それを上にして配置します。 f:id:saki0118:20180803185211j:plain f:id:saki0118:20180803185219j:plain

➎ 通風パネルに固定していく

配置シミュレーションをします。 f:id:saki0118:20180803185449j:plain どういう感じで固定するか、実際に置いてみて決めるとよいです。貯水葉や胞子葉が大きくなったときに、かっこよく見えるように、また効率的にコケを覆い隠してくれるような配置にすると、長期的にみてよさそう。 f:id:saki0118:20180803185443j:plain ベースにも水ゴケを置き、 f:id:saki0118:20180803185455j:plain 1玉ずつワイヤーで固定。ここでは腐食を心配して麻ヒモではなくワイヤーにしました。黒いとかっこいいしね。 f:id:saki0118:20180803185502j:plain こうしていろんな方向からクロスさせるように巻くと、全体が安定します。 f:id:saki0118:20180803185511j:plain ワイヤーは板の背面で処理します。今後水やりのときなんかに手を傷つけないように、先端を曲げるといいですよ。こいつのせいでゴム手袋を何回も破りました。

通風パネルはこうやってうしろにたくさん穴が空いてることで、水やりの際に浸透しやすいし、通気性がよいことで根腐れしづらい。
通風パネルに板付けしようなんて発想したひとは天才ですね。

➏ 水コケを追加して仕上げていく

ワイヤーにすきまがあるし、土も露出しているので、さらに水ゴケを足していきます。 f:id:saki0118:20180803185601j:plain わりばしや竹串を使って f:id:saki0118:20180803185607j:plain 水ゴケをすきまに差し込んで、ぎゅうぎゅうにしていく f:id:saki0118:20180803185622j:plain こうすることで、さらに全体が固く安定し、水もたくさん保持できるようになります。 f:id:saki0118:20180803185628j:plain 土の部分にも上から水ゴケで覆い隠し、ワイヤーで固定します。

➐ 完成

できた! f:id:saki0118:20180803185652j:plain ワイヤーで取っ手をつくります。これがないとハンギングできません。通風パネルは穴が空いてるので、ワイヤーを通すだけ。 f:id:saki0118:20180803185702j:plain

➑ 水やり

全部おわったら、シャワーで全体に水やりをします。 f:id:saki0118:20180803185717j:plain 水やりが軽く乾いたあとに、活性剤メネデール入りの葉水もしました

以前メネデールを使ってみて感動した記事はこれ 8saki.hatenablog.com

おしまい

胞子葉のテープをほどいてこんな感じ。存在感!かっこいい!!枯れないでお願い。 f:id:saki0118:20180804085415j:plain これで貯水葉が展開してくれれば、新しいおうちが気に入ったということですよ。 f:id:saki0118:20180804085436j:plain 水やり後はちゃんと胞子葉がピンとしました。やっぱり吊ったほうがいきいき感じて好み。 f:id:saki0118:20180807083320j:plain この貯水葉が展開してくれますように。

群生板付けポイントふりかえり

  通風パネルはいろいろな水やりの問題を解決してる。かっこいいしおすすめ。
  絡み合って硬くなってる株は無理に分けない
  株分けしてからそれぞれにコケ玉をつくって合体するとやりやすくてよい。
  それぞれの株の胞子葉や貯水葉が展開して大きくなったときを予想して配置すると長期的に見て正解。
  配置の上下向きに注意。成長点は常に上
  水ゴケは高密度で。

通風パネルとビカクシダはここで購入

通風パネルはAmazonで買いました。楽天にはなかった。ホームセンターにもあったりするみたい。

このビカクシダは、半年ほど前に楽天LAND PRANTSで。

立派な子が届いたので、表記通りかなりお得だと思います。大きい個体のほうが安定しておりある程度雑に扱っても丈夫なので、サイズが大きいビカクシダをおすすめしますよ。

では。

調味料ストッカーを「フレッシュロック」で統一してみました

統一しました。

結果、すごくよかった。 初期投資としてフレッシュロックを大量に買い揃えるのにすこしかさむけど、長く使えるし、ずっと整然とした空間の恩恵を受け続けられるのって素敵だ

あとふつうに調理するときに機動力あがって便利です。探しやすいし開けやすい。

買った理由

買おうとした動機ですが、カラフルなパッケージでキッチンがあふれかえるのがあまり好きじゃなくて、整然と管理したいなあという願望がありました。

フレッシュロックは、透明でパッキン白なのがまず一番よいところ。容器の形状が四角いところもかなり優秀で、円形よりもデッドスペースが少なくて済む。ボディはプラスチックなのでかるくて丈夫フタが一体化しているところが使い勝手いいです。

サイズは「角型300」「角型1.4」「パスタ2.7」にしておけばほとんど対応できそう

いろんなサイズがあるので悩みました。しかし、いろいろなサイズをバラバラに持っていても整然としないので、できるだけ同じサイズにしたほうがいいですね。 大は小を兼ねる・かつ、大きすぎず困らないサイズを選んだらこの3つになりました。

  • 角型 300
  • 角型 1.4
  • パスタ 2.7

f:id:saki0118:20180731231534p:plain

画像をお借りしました 【楽天市場】フレッシュロック プラスチック 密閉 保存容器 お試し4個セット 選べるパッキン色 : 白 / 緑:オンラインショップ びーんず

角型 300

だしとかコンソメとかごまとか。大物でなければだいたいこれに収まるので、角型300持っていればオッケー。 f:id:saki0118:20180726201403j:plain f:id:saki0118:20180726201417j:plain

角型 1.4

f:id:saki0118:20180731231843j:plain 左から 塩、薄力粉、三温糖かつおぶし
塩、薄力粉、三温糖は1kgがギリ入ります。ぴったりすぎるかもしれないけど、トントンと詰めながら入れれば大丈夫です。 f:id:saki0118:20180731231926j:plain 上からちゃんと見えるので探すとき便利。

塩・砂糖には、乾燥材入れてみた。

パスタ 2.7

左から 時々使う麺類まとめて、麦茶パック、スパゲッティ f:id:saki0118:20180726201528j:plain 麦茶を入れるのにパスタ2.7を選んだのはけっこうアイデアだと思った。伊藤園の麦茶パック(8gx54袋いり)がぴったり。 スペースは角型 1.4 と同じなのがポイントで、さらに背が高くてキャパシティ大きいのがよい。 f:id:saki0118:20180726201514j:plain

パッキンの色に注意

フレッシュロック、デフォルトで長らく緑パッキンだったようで、緑パッキンのものと白色パッキンのものが両方流通しています。

amazonより楽天のほうが、白パッキンを扱っていつつ、安いところが多い気がします。

緑色持っている場合も、白パッキンだけの別売りもありますね。

専用スプーンを全部に入れておくといい

f:id:saki0118:20180731231944j:plain スプーンは安いので全部に専用を用意して、それぞれ入れておくといいと思います。この容器に入る、柄が短めのスプーンは探すとなかなかないので。

ちびは小さじ、大きいほうは大さじです。

かつお節にはミニトングを入れてみた。

ラベルライターでラベリングするといい

ブラザーのこれ。

上位モデルと悩んだんだけど、電池で動くところが充電の面倒さがなくていいし、テンキーで打てるところが昔のケータイみたいで楽しいなと思って惹かれたので こっちを買ってみました。 テープを買い換えると、印刷色と文字色をいろいろと楽しめますよ。

おしまい

一生これだけ使おっと!

六本木のデザインミュージアム、21_21 DESIGN SIGHT の年パスがいい感じ

f:id:saki0118:20180731083119j:plain 買わない理由がない

価格
SOLO 一般3,000円、 学生2,400円
DUO 一般5,000円、 学生3,400円

SOLO もお得だけど、DUO は同伴者1名まで常にフリー!

www.2121designsight.jp

入場料が一般1,100円するので、SOLOなら年に3回行けば元取れるし、混雑時は優先だし、
f:id:saki0118:20180801071716j:plain そもそも建物が好きなので入るだけで気分がよくなる! やっている展示がそんなに興味をそそらないとしても、この空間に身を置くためにちょこちょこ頻繁に訪れたい。 f:id:saki0118:20180801071706j:plain

デザインサイトのコンセプトが、デザイン文化の浸透だと受け取っているので
こうやってカジュアルにアートやデザインに触れる機会を増やすのはいいことと思う。

わたしは会社が近いので、お昼休みや退勤後に行ったりしたい。(ちなみに最終入館は18:30です)

いつだか行った展示はこんな感じ f:id:saki0118:20180801071724j:plain f:id:saki0118:20180801071655j:plain 最先端のデザインの「視点」を、日常にとりこむのって豊か!

そういえば、近い話で、この本がおもしろかったです。