ダイナミック気晴らし

セルフジェルネイルを長持ちさせるためにしてること

2010年からセルフジェルネイルをやっていて、最初はかなりもちが悪いことに悩んでいました。塗って1週間経たないうちに、端から浮いてくるし、悪いときはまるごとぽこぽこ剥がれてしまう。そこで、リフトしないように試行錯誤しているうちに、コツが分かってきたので、まとめておきます。

これらを心がけるようにしたら、いまはオフするまで全然はがれないです。先端やキューティクル側から気泡も入ることなくきれいに保てると思います。

根元が伸びてきた様子は以下のような感じです。浮きも剥がれもせず。

f:id:saki0118:20190630113102j:plain f:id:saki0118:20190603110649j:plain
f:id:saki0118:20190603110629j:plain f:id:saki0118:20190603110658j:plain

f:id:saki0118:20190630111309j:plain アップ。ぴったり気泡なしです。

使っている道具

普段使っているものはこれ。気に入って長いこと使ってる道具なのでおすすめです。

ジェルするときのコツ

【 1 】 ルーススキンを丁寧に取り去る

リムーバーもたっぷりめ、プッシャーは細かく何度も動かす。除去したルーススキンが溝に入りやすく、よく隠れているので、スティックや爪楊枝でかなり慎重に掻き出しきります。

【 2 】エタノールで油分を取り去る

  • エタノールを染み込ませたキッチンペーパーを使って、爪の表面と指先全体を丁寧にしつこいくらいぬぐいます
  • さらに、エタノールを染み込ませた綿棒で、キューティクル側とサイドをとくにごしごし拭き取ります

【 3 】エタノールはよく乾かす

息をフーっと吹きかけて(ゴミが飛んで付着しない程度に)、サイドも完全に乾かします。

【 4 】表面はあまり削らない

よく削るのとほとんど削らないので比較してみたことがありますが、特にもちに変わりはない感じしました。逆に、爪が薄くなると曲がりやすくなって浮きやすくなってしまいます。自爪はもったいないので削らなくていいと思います。よほどデコボコ山があるときに、平らにする目的で山だけ削ってます。

【 5 】爪の溝が深くて塗りづらい場合はテーピングする

ひとによってサイドの溝が深い場合があります。わたしもそうなんですが、そういうかたはサージカルテープで指の腹のお肉を引っ張ってあげると、ネイルベッド全体が露出し、細かいところまで塗りやすいです。

f:id:saki0118:20190630113026j:plain

その際は必ず、全てのサンディングと油分拭き取りが終わったあとにテーピングします。テープに削りカスやエタノールがつくと、ジェルを塗っているときに混ざりこんでしまうことがあるので、それは避けてください。

これ使ってます。マスキングテープだと粘着力弱くてだめでした〜

テーピングやりかた

6cmくらい、テープの片側をサイドウォールから2mmほど開けて平行に貼る。もう片側をくるっと回して反対側のサイドも同様。

輪っかの部分の先端を、写真中の矢印のように斜め下方向↘︎に引っ張りながら貼り合わせる。いらない部分は切っちゃいましょう。

【 6 】ベースジェルを塗るときに擦り付けるように往復する

  • 筆先を軽く押し当てるように動かしながら、ベースジェルを爪表面の凸凹に擦り込むようなイメージで、3mm幅くらい何度か往復します。
  • このやり方だと、後述の「カーブをうまく作る」ためにもやりやすい筆の動きです。

【 7 】甘皮付近のカーブをはっきり描く

f:id:saki0118:20190630111208j:plain

甘皮付近が薄塗りすぎると、日常の摩擦や衝撃で浮きやすい気がします。エッジにメリハリがある方がネイル自体も美しいので、境界線を際だたせるように心がけて塗るのがよさそう。

キューティクルやサイドに流れ込むと剥がれやすくもなるので、キューティクルから0.5mmから1mm開けて塗ります。ベース、カラー、トップ、すべての層で、この部分をきれいにパキッと塗るように心がけてみてください。

【 8 】よく保湿する

ジェルネイルが完成するころには、指先がかなり乾燥しているので、ハンドクリームとオイルをよく塗り込みます。

日常ケアのコツ

日常的によくオイル塗るといいです。写真のように爪の裏側に少量垂らすと、表のキューティクル側にも染み渡ります。ハイポニキウムも育っていいことづくめです。

f:id:saki0118:20190630111231j:plain

ハイポニキウムがしっかり保湿され続けると、ネイルベッドがどんどん大きくなってくれるので縦長のきれいな爪になってくれます。

ちなみにネイルオイルは「OPI プロスパ キューティクル&ネイルオイル」と「無印良品 ホホバオイル」を割って使ってます。 ハケ付きの容器が塗りやすいので、ひとつ持っているとよいです。スポイトだとオイルを出しすぎてしまってベタベタしちゃいやすいかも。

www.muji.net

ネイル用品に関して、普段使ってるおすすめのものはこちらにまとめてあるので、ご興味あれば見てみてください。 8saki.hatenablog.com

では!

氷出し紅茶がまろやかでおいしい

低音で抽出するとえぐみが出づらいとのことで、リーフティーを氷で抽出してみようかと考えました。とてもクリアで甘みのある紅茶です。一晩冷蔵庫に置くだけで簡単なのでやってみてください

夜寝る前に、氷出し紅茶を仕込みます。レシピと手順は以下のとおり。

茶葉 6g / 氷 230g / 水 10ml

にしてみました。今日は成城石井アッサム。これはホットのときに、茶葉3g / お湯160gで淹れてたので、茶葉2倍 / 水分1.5倍にしてみたらよさそうだなーという発想です。 f:id:saki0118:20190630093525j:plain まずは茶葉を6g

f:id:saki0118:20190630093750j:plain その上から氷を230g
氷が下で茶葉が上だと、茶葉が水に触れない部分が出てしまうので、茶葉が下で氷が上がよいです(写真の通りです)。氷ってひとつ4,5gあったりするので、ぴったり230じゃなくてもいいです。

f:id:saki0118:20190630093758j:plain 最後に水を10ml。
氷が溶けやすいようにするための誘導的な水です。

このあと冷蔵庫に入れておきます。

f:id:saki0118:20190630091135j:plain

朝。8時間ほど経過。
なるほど氷が多い状態で冷蔵庫だと、一部溶けきらないみたい。一杯分はあるので、あとは常温に出しておいてもよさそう。

f:id:saki0118:20190630091145j:plain

こんなに美しい液体があるんですね。味も見た目もほんとうに澄んでいておいしいです。

例の氷出しアイスティーに自家製レモンシロップたらすとめちゃくちゃおいしいレモンティーができることに気づいてしまった。

8saki.hatenablog.com

ティーポットはずっとKINTOを使っています。シンプルなデザインが格好いいし、カクカクしたハンドルがすごく持ちやすい。蓋にフィルタが付いているので部品が少なく、扱いやすいのでおすすめです!

インテリアの色を統一している話

色の揃った美しい場所にいたい、ということにこだわりがあります。一方で、あまり細かいこと考えて悩みたくもないので、よい状態をキープするためにルールを設けて楽をしています。

こだわってはいるものの、生活感があるのはぜんぜんかまわないと思っていて、色と形のポリシーがあれば、多少散らかってても生活感あっても美しいと思うのです。賃貸だからある程度気に入らないところはあるし、色ルールもガチガチすぎずゆるくやってます。

結婚して引っ越したり、家電が増えてきても、買っていい色の基準を定義しているおかげで、うまく選べてる気がするのでメモ的に記録しておきます。

キッチン

  シルバー 

f:id:saki0118:20190531084339j:plain f:id:saki0118:20190531084231j:plain

キッチン家電

  • 大型
    •  
f:id:saki0118:20190602123454j:plain f:id:saki0118:20190602121237j:plain f:id:saki0118:20190602121248j:plain
  • 小型
    •  
f:id:saki0118:20190602121336j:plain f:id:saki0118:20190602121323j:plain

食器、カトラリー

  • 食器
    • ガラス、    ベージュ
  • カトラリー
    •   シルバー
f:id:saki0118:20190531084321j:plain f:id:saki0118:20190531084301j:plain
f:id:saki0118:20190531084349j:plain f:id:saki0118:20190602122706j:plain

その他

調味料の容器は、見えるところに出しておくものは白パッキンのフレッシュロックに入れてる。

f:id:saki0118:20190531084135j:plain f:id:saki0118:20190531091344j:plain

フレッシュロックを導入したときの記事です 8saki.hatenablog.com

小型家電・照明器具

 
ふつうのシーリングにつけられるダクトレールを全部屋設置してます。好きなペンダントライトつけられるし、スポットライトも足したりして、光量のコントロールができるから便利。

f:id:saki0118:20190531091437j:plain f:id:saki0118:20190602122725j:plain

ダクトレールは本当におすすめです

ソファ

  濃い茶色

f:id:saki0118:20190602122905j:plain f:id:saki0118:20190602122851j:plain

革のソファはQoLが上がりまくる 8saki.hatenablog.com

家具の木材

  濃い茶色
ウォルナットぽいくすんだ濃い茶色のものを選びます。ない場合は、無垢のパイン材の家具を買って、塗装をしてます。

こういうのとか 8saki.hatenablog.com

ステイン塗装っぽくなるジェル状の塗料使ってます。アサヒペンの「ウォルナット」で色は統一。

ブラインドも濃い茶色 f:id:saki0118:20190622091627j:plain ブラインドは既製品で、ここの「ダークブラウン」という色にしてます。彩度が低めでよい色。サイズオーダーできるのに安くてよいです。

家具の鉄部分

 

イスはもっといろいろ遊びたいと思っているのでこの通りになってないかも。将来的には名作チェアをいろいろ置きたいです。

 

f:id:saki0118:20190602122916j:plain f:id:saki0118:20190531084144j:plain

植木鉢

    コンクリート

移動できる台は自作してます。 f:id:saki0118:20190602122927j:plain

花瓶

ガラスで統一。シルエットが直線的なシリンダー型のものが好きなので、そういうのが集まる。 f:id:saki0118:20190602122940j:plain

IKEAのシリンデルは買わない理由がないぞ 8saki.hatenablog.com

配線コード

 

基本的には黒にしたいけど、あんまりガチガチに決めてないです(Apple製品はコード白いですし)。 AVボードの周りはこんなふうにぐちゃぐちゃになってますけど、なんとなく色決めた上でカゴ内にまとめててあんまり気にならない。

f:id:saki0118:20190531084222j:plain f:id:saki0118:20190622092644j:plain

ランドリー、掃除

  • ハンガー
    • 小物は   シルバー
    • 大物は木(服が汚れるので塗装しない)
  • タオル
    •   濃い茶色  ベージュ (運用上使い分けが必要になることがあるので、わかりやすく2色用意してます。病気のときとか)
  • 掃除用具
    •  
f:id:saki0118:20190602122952j:plain f:id:saki0118:20190622092302j:plain
f:id:saki0118:20190531084331j:plain f:id:saki0118:20190531084251j:plain

アイロンはスチーム出るやつが汚れやすくて好ましくないので、ドライアイロンと霧吹きにしてる。

トイレ

消臭剤とかトイレ掃除グッズは黒いボックスに入れます

f:id:saki0118:20190531091333j:plain f:id:saki0118:20190602123055j:plain

そういえば服の好みもこんな感じの色味ですね。モノトーンばんざい。

f:id:saki0118:20190531084241j:plain f:id:saki0118:20190531084201j:plain

アイアンシェルフフレームを使ってキッチン棚をつくりました

賃貸暮らしですが、原状復帰できそうなレベルでDIYするのが好きです。今回は、キッチンの壁に棚をつくりました。

必要なもの

  • シェルフフレーム
  • 板3枚(今回は杉板)幅15cm × 長さ91cm × 厚み1.4cm
  • 塗料(任意)
  • 取り付けるための道具(石膏ボードならピンを押すためのコイン、プラスドライバー)

材料購入

シェルフフレームはこれを購入。横に長い棚にしたいので、中央にも支えが必要で、計3つ購入。

f:id:saki0118:20190217152305j:plain

ホームセンターで、幅15cm × 長さ91cm × 厚み1.4cm の杉板を買ってきました。
杉は湿気に弱く変形しやすいんですが、いつものパイン材とかより俄然軽いので、安全のために軽さを優先して杉にしました。 突然重みで大崩壊したらかなり怖いですし。

木材を塗装する

いつものカラージェルニスでステイン塗装っぽくする。
カラージェルニス(ウォールナット

古いシーツの切れ端で、刷り込むようにごしごし塗るだけです。

f:id:saki0118:20190217151849j:plain f:id:saki0118:20190217151856j:plain

ここまでできたら、風通しのいいところで一晩乾かします。

取り付け

シェルフフレームに付属する説明書を読みながら取り付けていきます。

精密な水平器を持ってないので、iPhoneアプリの簡易水平器で水平を出します。 縦と横に糸を張ってわかりやすくしました。

f:id:saki0118:20190217151904j:plain

シェルフフレームを石膏ボードにピンで固定し、板をのせます。 板も裏側で固定するパーツが付いてるので、取り付けます。

壁面の横幅が狭いところに取り付けようとする際は、シェルフフレームを取り付ける最中にすでに木の板を入れておかないと、あとから入れられなくなるので注意です。またはずすの面倒ですもんね。

完成

完成するとこんな感じ。 取り付けだけだと20分くらい。

すごい気に入った!

f:id:saki0118:20190217151942j:plain
f:id:saki0118:20190217152410j:plain

杉板の変形を心配してるんですが、設置から1ヶ月、炊飯器の蒸気が直で当たるところにいるけどとくにまだ変形してないので大丈夫そう。

以前、同じシリーズでトイレの棚をつくったときの話もあります

8saki.hatenablog.com

ブラックタピオカを1時間で茹でる

ミーハーなんですけどタピオカ屋が並びすぎててアレなので自分でつくってみたレシピです。

茹でかたをネット検索すると、「前夜から8時間水に浸けて」みたいなレシピが多いけれど、今すぐ飲みたいのにそんなに待ってられないよ。というひと向けの時短手順です。

材料(2杯分)

  • 乾燥ブラックタピオカ: 大さじ3
  • アッサム茶葉: ティースプーン3杯
  • 牛乳: 80mlくらい

↑ 茹でるお湯や氷は含まず

レシピのサマリー

  • お湯で40分、フタしないで中火で煮る。 結構水分飛ぶので途中で200mlほどケトルの熱湯追加した。
  • タピオカが浸かるくらいの量まで煮汁捨て、黒糖を大さじ3追加
  • 鍋を回しながら弱火で煮ることさらに10分(ここで濃いアッサムティー抽出)火を止めておく
  • グラスにタピオカ→冷やしたアッサムティー→牛乳の順で入れて完成

今回使ったもの。砕かれた細かい黒糖は使いやすい。ブラックタピオカはちょっと高いスーパーにありました。タピオカストローも忘れずにね。

f:id:saki0118:20190602131122j:plain

お湯を沸かして、その中に大さじ3(2人前)のブラックタピオカ投入。激しく踊るくらいの中火で。

f:id:saki0118:20190602131156j:plain

40分くらい茹でたもの。汁に色がつくけど心配いらない。水分飛ぶのが結構早いので、途中でケトルで沸かしたお湯を200mlくらい追加した。

f:id:saki0118:20190602131207j:plain

さっきの状態から煮汁を捨てて、黒糖大さじ3を入れて煮詰めた状態がこれ。10分で火を止めて、粗熱をとります。

f:id:saki0118:20190602131110j:plain

黒糖で煮詰めながら、アッサムの濃いアイスティーをつくる。お店のタピオカミルクティーもだいたいアッサムだと思う。ミルクと最も相性のいい茶葉です。ティーバックもいいけど、リーフティーのほうが味がしっかりしておいしいし、量を調整しやすいのでおすすめです。

これは成城石井で買ったやつ。

アッサム茶葉ティースプーン3杯、80℃のお湯で10分抽出。

f:id:saki0118:20190602131134j:plain

氷の入った容器に入れて急冷。
紅茶は急冷するとにごることがあるけど、今日はミルクティーにするのであまり気にしない。ミルクティーを甘くしたいひとは、この時点でガムシロを入れよう。

f:id:saki0118:20190602131059j:plain

グラスにタピオカを入れ、その上から冷やしたアッサムティー→牛乳の順で入れて完成。

f:id:saki0118:20190602131145j:plain

おしまい

以前、8時間浸けてから茹でたときは、芯が残っておいしくなかった。今回お湯で40分、黒糖で10分茹でただけだけど、仕上がりがかなりいい感じ。 違いはなんだろうと思ったんですが、まずお湯で煮たのがよかったんですかね。前回はいきなり黒糖水で煮たので、染み込まなかったんだろうか。

表参道の、ジアレイでは、キッチンでタピオカを71℃で保温し続けてるのを見ました。あのむにむに食感をたもつための研究に研究を重ねた絶妙な温度なんだろうか。

ワイキキ13日間滞在、あってよかったもの、なくて不便だったもの

2018年末に、家族でハワイ・ワイキキに観光で11泊しました。 実際に過ごしてみて、あったらよかったなと思うものをメモっておきます。

行く前に書いた準備編の記事はこちら。

8saki.hatenablog.com

あってよかったもの

ANKER POWERPORT(充電器アダプタ)

複数人で行くときには、みんな使えるようにひとつのコンセントからいくつも充電ケーブルを生やせたほうがいいです。 ホテルやコンドミニアムは便利な位置にコンセントがあるとは限らないし、そもそも少ない場合もある。
変圧器→アダプタ→充電ケーブルの順に、タコ足する

モバイルバッテリー

1日観光で歩き回ってると、スマートフォンの充電がびっくりするくらいハイスピードでなくなる。常にマップ見られたり連絡取れる状態にしたいので、モバイルバッテリー必須。
↑この機種は容量大きいけれどボディがコンパクトなので取り回しが楽でした。

箸、プラスチックカトラリー

ワイキキでも食料品を買えばもらえるし、売ってもいるが、足りなくなること多い。普段から日本でコンビニでもらって余ったぶんなどをとっておいて、持ってくるといいと思います。使わなかったぶんは捨てて帰ります。

ないと不便

ここからは、ないと不便だったもの。次行くときは必ず持っていくと強く後悔したもの。

ゴミ袋用のレジ袋

オアフ島はノーレジ袋の文化になっており、コンビニでもスーパーでもデパートでも、袋が有料です。会計時に黙ってると袋なしなのがデフォルト。無料でレジ袋や紙袋的がもらえないので、日本にいるときみたいにビニール袋のストックがたまらず、ホテル部屋でのゴミ収集にかなり困る。

それに、袋だけって意外とあんまり売ってないし少し高いので30ℓくらいのを10枚程度、100均で買ってくといいと思いました。

睡眠導入剤、耳栓

飛行機に9時間くらい乗るので。

寝ることは体力回復のために重要なんだけど、生活リズムや習慣が違うひとが一緒の部屋で寝泊まりすると、いつもと環境が違うため十分に眠れないことが多かった。それに旅にはいつも以上に体力使うため、よけい睡眠必須だと思う。

耳栓はこのタイプが好き。硬くて入れやすいのと、遮音効果がかなりよい。

乾燥対策

マスク、ハンドクリーム、ネイルオイル。 ホテルは乾く。特に手指に関しては、結構こまめに保湿してた。こちらの洗剤が強いのもあって、常夏の島なのに肌が乾燥でガビガビになる。

SIM カードは容量「無制限」がおすすめ

思ったよりマップとか写真の送付とかかなり使う。なので、例えば滞在7日でも15日パックの容量無制限がいいと思う。 通信制限がかかって、思うように使えなくなると、連絡や調べ物も自由にできないので、不慣れな土地では不安になるし十分楽しめない…

数千円プラスで買える安心にはケチらないほうが絶対いい。バッテリーもギガもガンガン無くなる。

おしまい

実は、留学含むと7,8回滞在したことがあるのですが、それでもやっぱりわからないことがありますね f:id:saki0118:20190217155427j:plain f:id:saki0118:20190217155401j:plain f:id:saki0118:20190217155412j:plain

レザーのプラントハンガーをつくりました(型紙どうぞ)

7,8cmの鉢向け用の小さいプラントハンガーです。

仕上がりはこのような感じ!

f:id:saki0118:20190126214606j:plain

それではつくりかたを。

材料

  • 型紙
    • この記事のもう少し下に型紙を公開してます
  • 厚さ2mm程度のヌメ革
  • 革ひも
    • ハギレを細長く切ったものでもよいですし、革じゃないひもでもいいと思います
  • カッター、カッターマット、はさみ、穴あけポンチ、カシメなど

つくりかた

型紙を印刷する

型紙つくったので置いておきますね。自由にダウンロードどうぞ。

A4で等倍印刷すると直径15cmの仕上がりです。もうちょい大きくしたい場合は、たとえば120%印刷すれば直径18cmになります。

大は小を兼ねたりするので、大きめにつくったほうがいいかも。直径15cmは正直ちょっと小さいです。

f:id:saki0118:20190127172811p:plain

こんな感じかなというのをイラレで適当につくってみました。

f:id:saki0118:20190127182020p:plain

型紙に沿って革をカット

印刷した型紙をハサミで丸く切り、それに合わせて革もハサミで丸く切ります。

f:id:saki0118:20190127145122j:plain f:id:saki0118:20190127145110j:plain

精度必要ないのでそこまでていねいじゃなくていいと思います。

f:id:saki0118:20190126214458j:plain

革に筋をつける

型紙と革もぴったり重ね、千枚通しで線にそって強めに筋を書いていきます。ガタガタなんですけど、線から思いっきり外してなければ大丈夫です。あとであんまり目立たなくなってくるので。

f:id:saki0118:20190126214508j:plain

カッターで切る

筋に沿って、カッターでしっかり切れ目を入れます。

f:id:saki0118:20190126214514j:plain

全部切るとこんな感じ。それっぽさが出てきました。

f:id:saki0118:20190126214521j:plain

革ひもを通す用の穴も、型紙に沿ってポンチで4ヶ所開けます。

革ひもを取りつける

吊り下げ用の紐はこんな感じにしてみました。4,5mm幅。適当なのでこれは型紙なしです。

f:id:saki0118:20190126214532j:plain

ミニカシメで留めて接続。一番上の吊るところを一本にしたかったので、途中から切り替えるような構造にしてみました。

f:id:saki0118:20190126214535j:plain

組み立て。吊り下げ用のひもと本体をつなげます。 紐は穴に通したら玉結びをして、上部はフックに通します。

f:id:saki0118:20190127150430j:plain f:id:saki0118:20190127150439j:plain

水に濡らして乾燥をさせます

全体を水に沈めます。 本革は水に濡らして乾かすと成形できるので、十分に沈めてから、重りのコップを吊って乾かします。

f:id:saki0118:20190127170418j:plain f:id:saki0118:20190127170426j:plain

濡らしたあと。 この状態で1,2時間くらい吊っておいたら、だいたい乾いてしまいました。重りのコップを外したら、ちゃんと成形されてます。

f:id:saki0118:20190126214559j:plain

これで完成!!

f:id:saki0118:20190126214606j:plain f:id:saki0118:20190126214610j:plain

ホヤ・クミンギアナを吊ろうと思います。

ハワイに行く前に準備したものの備忘録(格安航空券とか保険とかESTAとかSIMカードとか)

2年に1回くらいハワイに行くので、次行くときのための備忘録です。

概要

行く時期

年末、12/19〜31 の13日間

メンバー

母、姉、姪、わたし
(新婚なのに夫不参加)

特記事項、前提

ハワイ渡航経験10回程度あり、留学経験あり
iPhone7 SIMフリー持ち
数日ホテル、残りは親戚所有のコンドミニアムに宿泊予定

出発前に準備が必要だったもの

格安航空券の手配をする

トラベルコで比較してエアトリ(旧DeNAトラベル)にした www.skygate.co.jp f:id:saki0118:20181216155307p:plain

渡航者全員のESTA申請をする

申請

ESTA」でググると、怪しそうな代理店が出てくるので注意。公式でやると$14です。このページから→ Official ESTA Application Website, U.S. Customs and Border Protection

f:id:saki0118:20181213162130p:plain

2年間有効で、前回行ったときにつくったのがギリ間に合わなかったため、今回再申請しました。 家族単位で申請、決済もできるみたいです。

承認確認

じつは決済しただけではまだ承認されていない状態。承認されたかどうかは、同じページにアクセスし、ページ下部の「ESTAのステータスの確認」を見ます。 f:id:saki0118:20181213162854p:plain 申請後、数日してから「承認されました」になりました。 f:id:saki0118:20181213163025p:plain

現地で使うSIMカード購入する

SIMロック解除されている端末でがあること前提。

MOST SIM T-Mobile版購入

前回はzip simにしましたが、15日パックがなかったので今回は「MOST SIM - T-Mobile アメリSIMカード」にしてみました。

AT&TT-Mobileで悩みました。AT&Tのほうが、日本でいうDocomoみたいに大手で安心と見聞きしたけど、T-Mobileのほうが安いし、オアフ島で使う分には大差ないと知人が言っていたのでT-Mobileを選択。

目安としては、前回10日行ってポケモンGOInstagram を使いまくってぴったり使い切った程度なので、今回はかなり余裕にしたいため15日間使い放題に。 FaceTime Audio はネットあればできるけど、万が一何かがあったときに不自由したくないので電話回線使える音声通話付帯のバージョンにしました。

f:id:saki0118:20181218192257j:plain f:id:saki0118:20181218192243j:plain

前日午前中までにアクティベート予約しておく

アクティベートはパッケージを見れば説明があり、アクティベート用のURLにアクセスしてiPhoneのIMEIやアクティベートしたい日や連絡先をぽちぽち入力するだけだったので簡単。

この商品の特性として、出発前に事前にアクティベートしたい日を設定できる(する必要がある)ので、前々から忘れずに開封して下ごしらえするのがマスト。

開通に少なくとも24時間かかるそうなので、当日の出発前にロビーで、みたいにのんびりしようとしてるとヤバかったなあと。前日の午前中にやっておくと安心。便利だけど忘れると面倒なことになってしまいそうなので注意ですね。

14日ハワイに行ってることを考えて、日本でのSIMの料金プランを下げておいた。プチ節約。(ワイモバ プランM9GB→S3GBに) でも結局ちょっと足りなくて困ったので、やらなくてよかったかも。参考になれば。

ミラーレス一眼を購入

マストじゃないけど、ハワイって被写体いっぱいなので撮りたくて。ついでに買い替えました。 買ったカメラは、富士フィルムのX-T20。ここにまとめました。 8saki.hatenablog.com

結構バッテリーもたない感じするので、予備バッテリーを2個追加して3つ装備で行ったら安心と思います。

スーツケース用意する

2週間、行き場所の服装によって70〜100ℓくらいか

海外旅行2週間程度だと100ℓくらいと一般に言われてる。
行く場所の服装にもよると思います。ハワイは薄着でOKで、かさばるとしても長袖数枚くらいだし、現地で洗濯するし、そんなにお土産買わないので帰りは膨れる予定がなく、70ℓくらいでもいいかも。

レンタルor購入で悩んで、レンタルにした

メルカリで中古とか考えたが、あまり使わないものを家に置きたくないので、レンタルにすることにした。レンタルだとブランドスーツケースが多かった印象。探してみたら、シンプルで安価なものが楽天にあったのでここにした。

ぼーっとしてたら出国6日前の12/13になってしまい、間に合わない気配がしてあわてて問い合わせさせてもらったら、14購入の16配送ができるみたいなのですぐ注文した。

14日レンタルプランの場合、16日に届いて1/1に返却する必要があり、1/1集荷手配をすることになる。 集荷申し込みは7日前なので、12/26以降の旅行中にやらないといけないのが少しトリッキーかな。

f:id:saki0118:20181218113708j:plain f:id:saki0118:20181218114559j:plain

届いた箱。開けたらこんな感じ。色は選べないんですが、色の系統は選択ができます。地味色狙いで「ビジネス系」で指定したら、シルバーが来てよかった。

f:id:saki0118:20181218113750j:plain f:id:saki0118:20181218113803j:plain

傷はこんな程度。レンタルだし全く気にしない。納品書、鍵、返却時の伝票、利用方法などが入ってました。伝票はすごく助かる!

成田空港行きバスの手配

フライト2時間前に空港につくようにしたい

2時間前に到着するとフラフラできてちょうどいいし、何かあったときのために余裕がある とすると、フライトが19:00のため17:00頃着したい 江東区に住んでいるため有楽町駅から出ている京成バスに乗るように手配した(有楽町駅→成田空港第1ターミナルまで1時間) 京成高速バス 東京駅~成田空港900円(東京シャトル) f:id:saki0118:20181216162330p:plain

バスは渋滞とか不確定要素が多いので1時間余裕を見て

3~4時間前の時間にバスに乗ることにした。(フライト19:00でバス15:00発成田16:15着)早すぎだけど安心したいし、先に着いたらお茶しながらゆっくり本読めばいいと思って。

帰りのバスは、当日何時になるかわからないので予約してない。

旅行保険に加入

保険はカード付帯のやつでいいってなった。毎年2回くらいハワイに行ってる叔母がそうしてるみたいなので、マネさせてもらう。 ちなみに楽天のはこんな感じの内容 www.rakuten-card.co.jp

出国前にカードで旅費の一部を決済していることが、保険適用対象となる条件になる。旅費というのは、航空券とかツアーパックとかのこと。詳しくは各カード会社のページに記載があり、対象にならないものも説明されているのでチェックが必要。

ツアーの決済をこのカードでやったので対象だとおもう。

ワイキキ在住の知人へのお土産購入

家族で幼少期に出会ったときからよくしてもらってたAさんと、留学中にお世話になったBさんへのお土産。

今回会うことになったので、茅乃舎の出汁セットを購入。これ。 www.kubara.jp

現地で食べたい日本の味を調達する

  • ごはんですよ(パック)
  • どん兵衛
  • インスタント味噌汁
  • お茶漬けの素
  • ドレッシング 2日前くらいにスーパーで買った

帰ってきてからやったこと

あとで書きます!